ホーム > 北大生のフィリピン留学挑戦記 > セブ島留学中の休日の過ごし方まとめ②

こんにちは。面白ハンターのテツヤマモトです。フィリピンはセブ島、English Fella2という学校に英語留学中。滞在期間も残り僅かです。

今回はフィリピン留学体験記第9弾!!前回に引き続き、留学中の休日の過ごし方を紹介していきます。前回もセブ島のベタなスポットからディープなスポットまで様々なスポットを紹介してきましたが、今回も魅力的なスポットを紹介していきますよ!

1

 

【セブ島の観光スポット】

前回の記事ではカルボンマーケット、アヤラモール、ITパーク、NUAT THAI、サンペドロ要塞、サントニーニョ教会、マゼランクロス…といったスポットを紹介しました。

 

今回新たに僕が訪ねたスポットをどんどん紹介していきます。これまたセブ島のベタでありディープなスポットでございます!

 

■コロンマーケット

 

まずダウンタウンエリアにあるコロンマーケット。アヤラモールやITパークのような高級感はありませんが、地元の方々が集まって賑わっております。

 

特徴的なのは都会的な印象の中に屋台が共存しているところ。そしてコロンマーケットは大量の「偽物」が売られていることで有名です。

2 3 4

 

例えば「アイフォン6sが日本円で1万円くらいで売っていました。ほんとかよ、と思いました。見た目はしっかりアイフォンでした。お店の人に「これはなんですか?」と聞いたら「アイフォン」って言ってました。なるほど、たぶん偽物だと思います。

5

上の写真の方々にはフィリピンの伝統的なお菓子、チチャロンを売ってもらいました。

 

チチャロンは豚の皮を揚げたもの。味はえびせんとほぼ同じです。というか、えびせんは豚の皮だったのか!と思ったくらい同じ味でした。値段は10ペソ(25円)。安いなー。

6

諸々含めて、セブ島の庶民の暮らしを味わうにはとっても素敵なマーケットです。いろんな方が声をかけてきたり話しかけてくるのもおもしろいですよ~。

 

■クラウンリージェンシー

 

クラウンリージェンシーはセブ島にある高級ホテルでございます。なんで観光スポットを紹介しているのにホテルを紹介しているんだよ!という話ですが、それには理由があります。

 

クラウンリージェンシーは40階近くの階数を誇る、めちゃくちゃ高いホテルなのですが、その最上階はまるで遊園地!楽しいアクティビティーが僕らを待ち構えているのです。

 

僕は二つのアクティビティーに挑戦しました。1つはこちらのスカイウォーク。こちらはホテルの屋上・屋外に作られた道を歩く…というだけなのですがめちゃくちゃ怖いです。

7

ところどころでポーズを要求されるのですが「ふざけんなよ!怖いだろおおおおおおおおおおおおお」と思いました。僕の目が笑っていません。

 

二つ目がこちらのエッジコースター。ホテルの脇のコースターが滑ります。しかも、シートがめちゃくちゃ前倒しになって、落ちそうになります。

8

これも本当にしんどかったです。怖い怖い。自分でエッジコースターの角度をいじることができるのですが、一緒に乗った「マサ君」が突然角度を変えるのでひやあああああ、、、、やめてええええええ」と1人で叫んでいました。

 

ちなみに二つのアトラクションが終わった後、マサ君が「全然怖くなかったっすね」って言ってました。僕は死ぬほど怖かったです。

 

■なんといってもビーチ!

 

さて、ここまでなんだかんだ紹介していなかったのですが、なんといってもセブ島と言えばビーチでございます。今回はマリバゴブルーウォーターというリゾートホテルのビーチを訪ねてきました。

 

単刀直入に申し上げると、ものすごく綺麗で快適でした。

9 10

白い砂浜。透き通った海。青い空。照り付ける日差しでヒリヒリしてきた肩。

日焼け止め塗ってるのにヒリヒリする肩。Tシャツ着るのがしんどい肩。

 

とにかく海に来たなぁ~と感じ。楽しい。ビーチではプカプカ浮かんだり、貝殻を拾ったり、カニを観察したり、バンカーボートというボートで沖合に出たりして遊びました。

11

ライフジャケットを借りて、水深5mくらいのところでプカプカしたりしたのですが、これまた死ぬかと思いました。僕泳げないんです。

12

お腹減ったらご飯を食べるわけですけど、リゾートホテルのランチなのでやたら豪華。おそらく僕が今までに食べたビュッフェの中で一番豪華な気がしました。

 

何度も言う通り、僕が通っている学校のごはんもおいしいんですよ!だけどだけど…。このビュッフェには勝てませんよ…。

 

13 14

いやービーチ楽しかったなー。セブ島にきたら絶対にビーチには行きましょう!海のキレイっぷりが凄まじいです。あと、日焼け止め塗らないと泣くことになります。

 

■ジプニー

 

こちらは別に観光スポットではないんですけども、個人的におすすめなジプニーです。現地の乗り合いバスでございます。

15

ジプニーはセブ市内中、走っていて上手く行けば行きたいところまで圧倒的な安さで行く事ができます。タクシーで行くと150ペソ(400円)かかる場所でも、わずか8ペソ(20ペソ)で行けることが出来るんです。なんだそりゃ。

16

ジプニーの中は人でびっしり。セブ島に来る観光客は基本的にタクシーで移動するので乗っているのはフィリピン人ばかりです。一眼レフカメラを持っている僕はかなりジロジロ見られます。

 

乗るときに適当にお金を渡して、降りる時は天井をゴンゴン!と叩きます。バス停も特にないので好きなところで乗って好きなところで降りる。超便利です。

 

ただ、ジプニーの中は密着空間。セブ島は決して治安が良いとも言いきれないので利用の際は注意が必要。ですが、これまた旅の醍醐味。たまには冒険してみてはいかがでしょうか?

【まとめ】

本日はここまで!以下、重要ポイントをまとめておきます。

 

  • コロンマーケットで庶民と触れ合おう!
  • クラウンリージェンリーで恐怖体験!
  • なんといってもビーチは欠かせない!日焼け止め大事。
  • ジプニーに乗ってちょっとした冒険をしてみよう!

 

以上、これにて第9弾のフィリピン留学体験記を終えたいと思います。

 

いよいよ、留学期間も残り僅か。次回第10弾はフィリピン、セブ島のお土産についてまとめていこうと思います。あなたの留学はいろんな方々の支えで成り立っています。お土産は欠かせないですよね!

 

それでは次回もお楽しみに!

 

ちぇけ

 

[ライター情報]

④

Name:テツヤマモト

個人ブログ「面白ハンター」を運営する現役北大生ライター。北海道稚内市出身。どんなものでも面白く記事に仕上げます。得意なモノマネはイクラちゃんです。