ホーム > 北大生のフィリピン留学挑戦記 > [パスポートの取り方(場所,必要な物,手数料,期間)をまとめました!!]

こんにちは。面白ハンターのテツヤマモトです。
フィリピン留学体験記第2弾!!今回はパスポートの取り方についてまとめます。

前回の記事では航空券の取り方について、ご紹介しました。

航空券1つにしても、全く知らない知識ばかり。パスポートもこれまた、知らなかったことだらけです!!

既にパスポートを持っている人は必要ないですが、僕のようにパスポートをまだ持ってない人は知らない事だらけですよね。
北海道からの留学はもちろん、初めての海外旅行を検討している方はぜひ参考にしてください!

【パスポートはどこで作れるの?】

さて、そもそもパスポートはどこで作るのでしょうか?
僕は札幌市の区役所や市役所に行けば作れると考えていました。
答えは「NO」!!
区役所や市役所ではパスポート作れませんよ、注意です。

ASTY

ああ

札幌圏の方であれば、パスポートはこちらに行かないと作れないんです。

 

アスティ45というビルの4階にある北海道パスポートセンターです。
場所は札幌駅のすぐ目の前、札幌市中央区の北4条西5丁目です。月曜日~金曜日の9時~16時30分の間で申請できます。

【パスポートを作るために必要な物は?】

パスポートセンターに行くだけでパスポートはつくれる?
これまた違います。
パスポートを作るために必要なものがいくつかありますので必ずチェックして下さいね。全部で5つあります。忘れたらパスポート作れませんよ~。
1.一般旅券発給申請書

ASTY3

ASTY4

まずは受付横に置かれている申請書です。
書き方は記入コーナーで説明書きがありますので頑張って書きましょう。ちなみに未成年の方は5年用でしか申請できないみたい。
2.戸籍謄(抄)本

戸籍謄(抄)本も必要になります。学生の方で実家が札幌市以外である人は大変。本籍のある市町村でしか、戸籍謄本を受け取ることはできないんですね。
僕も実家が札幌市以外で遠方だったので、両親に代理で受け取って郵送してもらいました。代理で受け取ってもらって、郵送…とても手間がかかります。自分の手元に来るまでの時間を計算しておかないと、戸籍謄本のせいでパスポートが間に合わない!そんなこともあるかも。
3.写真

ASTY5
縦45mm、横35mmの証明写真も必要になります。
もちろん駅等で撮影するのもありですが、5年・10年の付き合いになるパスポートです。しっかりした写真にこだわりたいなら写真館に行くのもありですね。
アスティ45内にも写真スタジオがあるみたい。僕は機械で撮ってケチりました汗

4.本人確認書類
本人確認書類も必要になりますよ!
学生証や保険証だけでは不十分。免許証・マイナンバーカード等ならば1点のみで証明可能です!

詳しくはこちらを確認してください。

参考:パスポート申請 | 総合政策部知事室国際課

5.印鑑

もし、訂正が必要になってしまったときには印鑑も必要になります。認印でいいみたい。もし忘れたら近くの100円ショップに買いに行きましょう。

【パスポートはすぐにはもらえない!】

さて、上記の持ち物を持参して、申請書を書けばひとまず申請は完了です。
しかし、パスポートはその場ですぐに受け取れません。
土日を除いて、6日後にならないとパスポートは受け取れないのです。留学や旅行前、ギリギリにパスポートを取ろうとしている人は注意ですね。

受け取りの際には申請時にもらった①引換証、②印鑑、③収入印紙が必要になります。収入印紙はパスポート作成にかかる手数料16000円分です。パスポートを作るだけで16000円…少し高いですけど我慢しましょう。
収入印紙はパスポートセンターの目の前にあるお店で買えます!とっても便利ですね~。

ASTY6

ここまでで、ようやくパスポートGETです!!
ふ~。一苦労一苦労。大変ですが、これで準備も進みました…。

①

【今日のまとめ】

最後に軽く本日のまとめをしていこうと思います。
①パスポートはアスティ45のパスポートセンターで!!
②手ぶらで行っちゃダメ!!必要な物を確認しよう。
③戸籍謄本の取り寄せ、パスポート受取りまで2週間はみておこう。
④手数料で16000円かかるけど…我慢しよう!

以上、これにて第2弾のフィリピン留学体験記を終えたいと思います。
記事内で紹介しきれなかった、パスポートに関する細かい事項は以下を参考にしてくださいね!

参考:パスポート申請 | 総合政策部知事室国際課

次回は留学にあたって必要なお買い物をする予定です!お楽しみに!
ちぇけ

[ライター情報]

Name:テツヤマモト

④

個人ブログ「面白ハンター」を運営する現役北大生ライター。北海道稚内市出身。どんなものでも面白く記事に仕上げます。得意なモノマネはイクラちゃんです。